ドクター

癌のステージ4|状態に合った治療方法を調べる

病気の基準

看護師

癌は、ステージ1からステージ4まであります。早期発見で早期治療をすることができます。早期治療をすることで体に負担を和らげ暮らすことができます。ステージ4は、死亡率が高くなります。早期発見を心がけましょう。

More...

進行状況の把握

医者

種類によって生存率が違う

癌の進行状況はステージという言葉で表現されています。ステージには0から4まであって、一番進行が進んだ状態がステージ4で表されています。しかしながらステージ4でも生存率や余命については癌の種類によって大きく異なります。一般的に癌がステージ4で発見された場合には既に他の部分に転移しているケースも多いため手術を行わない場合が少なくありません。以前は癌は不死の病だということで患者に病名を告げないことも少なくありませんでしたが、最近は病名を告げることが一般的になっています。例えステージ4であっても治る可能性はあるわけですし、残された人生を有意義に送りたいと思っており患者は告知してもらうことを望んでいるからです。

標準的な治療

癌がステージ4の段階で発見された場合でも、手術をしなければ死んでしまうような緊急の状態の場合には手術を行います。患部を切除して当面の措置を行うことになります。しかし転移をしている場合には、抗がん剤や放射線の治療を中心に行うことになります。こうした治療は患者すべてに効果があるわけではありませんが、効果があると癌の細胞が小さくなったり、場合によっては消滅することもあります。ステージ4に進んだ癌は最終段階と言っても良いので、治療方法の選択が重要視されます。治療方法の決定を先延ばしにしてしまうと、治せなくなることすらあり得るので、医師と相談しながら的確な治療方法を選択することが大切なのです。病院によっては複数の治療法を合わせて行う場合もあるので、見つかった癌の治療例が多い病院にかかるのも一つの手と言えます。

告知とその後

カウンセリング

癌にはステージがあり、ステージ1からステージ4と各々のステージにより治療方針や治療難易度が異なります。発見時に既に進行しており、ステージ4と宣告されることもありますが、必ずしも余命が短いわけではありません。状態を十分に把握し、治療効果を求めて真剣に取り組むことが予後を変えます。

More...

5年生存率向上の鍵

先生

癌にはステージ0からステージ4まで5つの段階があります。原発病巣からの転移が見られるステージ4は最も病状が進行した段階です。手術が難しい例も多いステージ4ですが、化学療法・免疫療法・放射線治療という3つの先端医療を効果的に組み合わせることで、5年生存率も大きく向上しています。

More...