doctor and nurse

癌のステージ4|状態に合った治療方法を調べる

病気の基準

看護師

進行度を表す数字

日本人の死亡率がとても高い病気といえば、癌です。癌の進行度はステージという言葉で表されます。そこには、ステージ1からステージ4まであり、ステージ4になると転移の確率が高いことや死亡率が高くなります。また、癌にも沢山の種類があり、病気によって進行具合が違ったり、死亡率も違ってきます。最近では、早期発見により初期の頃は、癌細胞を取り除くことにより治ることもあります。また、癌の治療には、早期発見が不可欠です。そのため、定期的に健康診断をすることで早期発見することができます。生存率は、「5年生存率」で表します。「5年生存率」とは、5年後にどのくらいの割合で生存するかで表すことです。このステージの数字が大きくなりと、生存率は高くなるため、早期発見を心がけましょう。

種類と治療

癌は、種類やステージによって治療方法が違います。ステージ1の場合は、初期ですので癌細胞を取り除いたり、放射線療法、薬物療法などで治療をします。しかし、ステージ4になりますと転移している可能性もあります。治療をしないで静かに見守りながら癌と付き合い暮らしていく方も少なくありません。仮にステージ4と診断されても、落ち着いて対応していきましょう。体の調子を見ながら、家族や周囲の方に協力をしていただき暮らすことが良いでしょう。一方でステージ4でも生存率が高い癌もあります。そのため、諦めず向き合って生きていくことが大切です。病気に負けないで残された時間を健やかに過ごしていきましょう。このように、早期発見をするために健康診断をお勧めします。